排卵検査薬 クリアブルー

排卵検査薬クリアブルーの特徴について記しています。

RHOME

Rクリアブルーの基本説明R

クリアブルーはオムロンから販売されている排卵検査薬です。

主にアメリカとヨーロッパで販売されていましたが、現在は日本でも購入することができます。

7本入りと20本入りに分かれており、個々の必要性によって購入することが可能です。

使用方法については検査部分に尿を数秒間つけることで約3分で結果を判定することができます。

判定方法についても色だけで分かりづらかった従来の排卵検査薬とは異なり、陽性反応の場合はスマイルマークがデジタル表示されます。

これにより、判定結果を間違える事は100%ありません。

非常に使いやすくて検査の結果もわかりやすい反面、価格については7本入り5,530円、 20本入り9,580円と他の排卵をと比べて高めに設定されています。

その理由として先述のように、検査器具にデジタルを使用していることが挙げられます。

「質の良いものは高い」これは仕方ないことです。

Rクリアブルー使用時の注意点についてR

クリアブルーがいかに質の高い排卵検査薬だとしても、使用方法を間違ってしまっては効果がありません。

使用するにあたって、いくつか注意点があります。

まず、現在の自身の状態をしっかり把握することです。

クリアブルーは尿内に含まれている黄体形成ホルモンに反応するように作られています。

この黄体形成ホルモンは排卵が起こる直前に分泌量が上昇します。

しかし、ホルモン治療などによって普段から黄体形成ホルモンの分泌量が多い女性は、排卵に関係なく陽性反応が出てしまいます。

現在、産婦人科等で不妊治療を受けている女性はクリアブルーを使用する前に一度医師に相談しましょう。

次に使用するタイミングですが、いつでも使っていいわけではありません。

使用するのは自身で生理予定日を計算して、その1週間後から行ってください。

早く妊娠したい気持ちはわかりますが、使い方を間違ってしまっては意味がありません。

Rクリアブルーで陰性反応が続いた場合についてR

クリアブルーは99%以上の正確さを持つ排卵検査薬です。

しっかり使用していても、なかなか陽性反応が出ない場合があります。

その場合は黄体形成ホルモンの分泌に問題がある可能性があるんですね。

このような場合は、ずっとクリアブルーを使用し続けたとしても意味がありません。

なぜならば黄体形成ホルモン分泌障害の原因を解決しなければ、妊娠することができないからです。

もし陰性反応が長期的に着いた場合は、すぐに産婦人科に受診してください。

クリアブルーは性交渉のタイミングを予測するだけでなく、このように自分がしっかり黄体形成ホルモンを分泌しているかを検査することもできます。

排卵検査薬 クリアブルー 排卵検査薬 クリアブルー 排卵検査薬 クリアブルー